アルコール依存症家族の対応

アルコール依存症を悪化させるイネーブリングとは?|アルコール依存症家族の対応

アルコール依存症者は
家族や周りの人に
自分のお酒の飲み方をおかしいと言われたり
飲酒を否定するような対応をされると
自分自身の人格や人生を打ち消されたように思い
反発を起こします。

 

なぜならどんな時でもお酒と一緒で
飲酒が人生そのものだったので
お酒を飲むことが悪いことだとは
みじんも思っていないのです。

 

アルコール依存症が進んでくると
否認心理も異様に強くなって
親や妻など家族の忠告に全く聞く耳を持たなくなり
家族の対応に対して暴力で抵抗するようになります。
そして問題飲酒はどんどん深刻化していきます。

 

アルコール依存症者に配偶者がいる場合
その対応は大きく2つに分かれます。

 

1つは断酒が守れなかった相手を
「意志が弱い」と強く責めて酒やお金を取り上げたり
「お酒をやめないのならもう家族としてやっていけません。子供を連れて出て行きます。」
などと脅す、強く厳しい対応です。

 

もう1つは、アルコール依存症の夫を持つ妻によく見られる対応で
前者とは逆に、依存症者の相手に同情し、助け、世話し、
不始末の尻拭いをしようとします。

 

アルコール依存症家族の対応

最初は「自分の愛情と理解ある対応で支えていけば、夫もいつかきっと分かってくれる。それまでの我慢よ」

と思いこむことから始まって
自ら進んで夫の上司に病欠の連絡を取ったり
夫が飲もうとすると、何も言わずにつまみや料理を作ったり
お酒を切らさないように気にかけたりと
常に夫が困らないように対応します。

 

夫が家の外で起こした迷惑行為には自分が肩代わりをして
迷惑をかけた相手に謝りに行ったりします。

 

そして、うちの家族内には飲酒問題なんて無いわ、と装ったり
あったとしても、決してたいしたことではないと信じようとします。

 

家族の中に「世話好き」=「理解者」がいることは
アルコール依存症の夫にとって、責任が軽くなりとても好都合である反面
まずます飲酒に拍車がかかることも事実です。

 

以上のような存在をイネーブラー(助力者)と言います。
自分や家族が気付かぬうちに飲酒を助けたり
飲酒へ導く対応をしてしまうこと
イネーブリング(助力)と言います。

 

そうなると、厳しい対応をする配偶者は
イネーブラーではないように思えますが
恐喝、非難、侮蔑によって相手の自尊心を傷つけ
お酒を飲ませる機会を与えてしまうので
やはりイネーブラーと言えるのです。

 

「夫には私がいなくては」と思い込むことで自分を支えてるうちに
世話好きの妻はいつの間にか
夫へ献身的に対応する自分への愛情=自己愛が勝つようになり
それが飲酒問題を悪化させてしまいます。

 

妻も夫がアルコール依存症である事をしっかりと自覚し、
専門治療に向かうことが出来るように、しっかりとサポートする事が大切です。

だれでも出来る、”お酒を減らす心の作り方”
>>>方法はこちら