アルコール依存症家族の対応

イネーブラーをやめる|アルコール依存症家族の対応

アルコール依存症者本人が
まだ治療の必要性を分かっていない段階にいる場合に
家族が第一にするべきことは
イネーブラーとしての役目をやめることです。

 

その具体的な対応は以下の通りです。

 

アルコール依存症家族の対応

  • 飲むことにかかわらない
  • 酔うことにかかわらない
  • 酔いの尻ぬぐいをやめる
  • 暴力から逃げる
  • 家族や関係者全員が協力する
  • 家族のための相談を開始する

 

家族は、イネーブラーになってしまっていた自分たちの
誤った対応や考え方に気付き、自分たちも変わる努力が必要です。
アルコール依存症者本人だけを変えようとするのではなく
お互いがすがり合う悪い関係を無くさねばなりません。

 

だれでも出来る、”お酒を減らす心の作り方”
>>>方法はこちら